<< 一日中雨の日なので・・・ 河原で遊ぼう! >>

江戸時代からの名所?



隅田川沿いって「桜」の名所だとばっかり思っていましたが、様々な種類の梅園もあるんですね。
e0129656_22365677.jpg

川沿いの親水テラスを離れて、少し歩いて向かった先には・・・
いろいろな大きさの石仏が鎮座されていました。後ろの土壁にも何やら趣きを感じます。
e0129656_2237319.jpg

DIO家が入山しようと見上げると・・・ 『待乳山聖天』と彫られたりっぱな石碑。
e0129656_223789.jpg

"MATSUCHIYAMA SHODEN"とローマ字表記も付いています。外国からも参拝に来られるんでしょうか。
e0129656_22371825.jpg

境内に入った途端、あたりには別世界の空気が立ち込めています。
大勢のお地蔵様の上に後光が差し込んで、とってもご利益がありそうです。
e0129656_22372554.jpg

右手を向くと、なんとも趣きのある、なまこ壁?を発見。
e0129656_22373368.jpg

『築地塀』というんだそうです。立て看板で謂れを確認し、その凄さにビックリ!
e0129656_223740100.jpg

江戸時代の浮世絵師・歌川広重作・東都名所「真土山之図」です。
ここに描かれたのが、今DIO家が訪れている『待乳山聖天』なのです。
e0129656_22374613.jpg

さあ、いよいよ江戸時代に東都随一の眺望を誇ったという境内の奥へと参りましょう!
e0129656_22375590.jpg

社殿はとってもりっぱ、DIOもバッグ・インでお参りです。
e0129656_2238275.jpg

朱色が鮮やかなお屋根を見上げると・・・、左甚五郎作?の彫り物みたいな『大根』を発見。
e0129656_22381353.jpg

たくさん入りそうな賽銭箱の正面には、『巾着袋』のレリーフが付いています。
e0129656_22382039.jpg

この階段を始め様々な所に『大根』や『巾着袋』のデザインが施されていました。
『大根』は一家和合を、『巾着袋』は商売繁盛を表しているんだそうです。
e0129656_22383494.jpg

お参りをしたご利益がいっぱいあるといいですね。
e0129656_22384353.jpg

さあ、DIO君、そろそろお家に帰ろう!
by diomenko | 2010-03-05 22:41 | お出掛け | Comments(2)
Commented by KAPIママ at 2010-03-06 12:26 x
ママさんのブログは名所案内が盛りだくさんで
へぇ~へぇ~と感心しきりです^^
江戸時代の塀(へぇ?)がまだ残ってるんですね!
歌川広重が描いた風景とはずいぶん様変わりした江戸の町。
広重が見たらびっくりでしょうね~
私は昨日深川界隈のお寺さんをKAPIとお散歩してきましたが
ワンコ連れお寺さんの巡りのお散歩、ハマりそうです(笑)
Commented by DIOmamaより at 2010-03-07 10:07 x
☆KAPIママ様へ☆
おは~っ♪
コメントのお返事遅くなりました~^^;

ママさんとKAPIたんも深川界隈のお寺めぐりを
されて来られたのですか~^^
以前はまったく興味がなかったお寺や神社・・・
DIOのブログを始めて、写真などを撮る様になってから、
お寺や神社の隅々まで見て回り、写真の構図を考えたり
後で謂われを調べたり・・・結構楽しいので
私達もハマっています^^;

DIO区付近には神社やお寺がとっても多いので
どこが良いのか、只今思案中で~す♪
<< 一日中雨の日なので・・・ 河原で遊ぼう! >>