<< 「寅さん」と一緒に・・・ 「柴又」って? >>

「帝釈天」でお参り



二天門をくぐって「帝釈天題経寺」の境内に・・・
うわぁ~、なんという人出ですか! これじゃあ、残念ですがDIOは歩けませんね。
e0129656_22592131.jpg

こちらが「帝釈堂」ですよ。銅ぶきのお屋根が緑青色に渋くきまってます。
e0129656_2259279.jpg

お堂の前にあるりっぱな松の木をバックに、記念撮影。
e0129656_22593360.jpg

こちらの松には「瑞龍の松」との名が付けられています。
e0129656_22593835.jpg

総欅造りの大鐘楼堂です。どんな音色で鳴るのでしょうか?
e0129656_22594435.jpg

帝釈天の建物には木彫りの彫刻があちこちに施されています。
e0129656_22595391.jpg

今ではガラスに覆われ、まるで美術館にある芸術作品みたい・・・。
e0129656_2259599.jpg

それから・・・、フーテンの寅さんも産湯をつかったという「御神水」
お釈迦様をたわしで擦ると、悪いところが直っちゃうんだとか・・・
e0129656_230789.jpg
      
本堂と大客殿をつなぐ渡り廊下です。
もしかして、DIOってこちらの欄干に吊るされちゃったの?
e0129656_2301412.jpg

境内には、帝釈天のご利益への恩返しなのか、
いろいろと寄贈されたものが置かれています。
e0129656_2302223.jpg

「帝釈堂」の奥には「邃渓園」というとっても美しいお庭があります。
新緑が輝いて、眩しいくらいです。
e0129656_2302952.jpg

帝釈堂には二体のお釈迦様が並んでいらっしゃいます。
参拝の皆さんが心を込めて撫でるのか、ピッカ、ピカになっちゃっています。
e0129656_23036100.jpg

あれっ、トランクを手に持ち、格子縞のダブルのスーツ・・・、おまけに首からお守り、寅さんに間違いな~い!
ここで寅さんに逢えるなんて、なんてラッキーなんでしょう!
e0129656_2304479.jpg

さあ、寅さんと一緒に、帝釈天を後にしましょう。でっ、どこに行くの? それはまた明日・・・。
by diomenko | 2010-05-07 23:05 | お出掛け | Comments(2)
Commented by KAPIママ at 2010-05-08 22:57 x
あはは~(≧∇≦)ノ♪
まさか本当に寅さんがいたとはビックリ~!
パパさん、寅さんに変身ですか~♪・・って冗談ですぅ(笑)
顔に「寅」の文字、最高ですね~(^m^)ぷぷっ
帝釈天ってこんなに広いとは知りませんでした。
お庭もキレイですね~。一度訪れてみたくなりました。
その時に、この寅さんがまだいたら
KAPIを抱っこしてもらおうかしら~(笑)
続きも楽しみにしてますね♪

Commented by DIOmamaより at 2010-05-09 00:52 x
☆KAPIママ様へ☆

帝釈天に寅さんが居ましたよん~^^
ツアーコンの方みたいですが、がんばって寅次郎を
演じていました^^;
帝釈天・・・DIOは初めて訪れ、私達も本当に久し振りに
訪れてみました。
今回、改めて彫刻のすばらしさに感動しました。
帝釈天の境内はワンちゃんが歩いてもOKです。
参道から帝釈天へと、なかなか面白いお散歩が楽しめます・。
但し、平日の人出が少ない時がいいですね。
今回は、あまりにも凄い人に驚きましたもの~^^

続きで訪れた場所は・・・演歌で有名な「矢切りの渡し~♪」
では、ご覧ください~!

<< 「寅さん」と一緒に・・・ 「柴又」って? >>